本文へ移動

臨床研究の情報公開

 
 別府発達医療センターでは、他施設と共同で実施する下記研究のために、受診時に患者さんから取得された試料及び診療情報等を共同研究機関に提供しています。
 
 なお、下記研究は別府発達医療センターの倫理委員会にて審議され、別府発達医療センター長の許可を得て実施しています。
 当該試料・診療情報等の使用については、研究計画書に従って匿名化処理が行われており、研究対象者の氏名や住所等が特定できないよう安全管理措置を講じた取り扱いを厳守しています。
 本研究に関する詳しい情報をご希望でしたら、下記担当者まで直接ご連絡下さい。また、本研究の結果・成果は学会や論文等で公表される可能性がありますが、個人が特定される情報は一切公開しません。
 本研究の研究対象者に該当すると思われる方又はその代理人の方の中で試料・診療情報等が使用されることについてご了承頂けない場合は担当者にご連絡ください。なお、その申出は研究成果の公表前までの受付となりますのでご了承願います。
 
【研究の名称】 
脳性麻痺(cerebral palsy : CP)患者における血清クレアチンキナーゼ(CK)の分布に関する研究(受付番号No.30-11)
【研究責任者(試料・情報の管理責任者)】
 別府発達医療センター 診療部 部長 吉良 慎一郎
 試料・診療情報等の提供先:大分大学医学部麻酔科学講座
【共同研究者】
 大分大学医学部麻酔科学講座 講師 奥田 健太郎
               助教 椎原 啓輔
【試料・診療情報の対象者(研究対象者)】
2009年から2018年までの10年間に、当センターで全身麻酔下整形外科手術もしくは歯科治療を受けられた脳性麻痺で治療当時5~18歳までの方
【試料・診療情報等の項目】
 試料:【なし】
 診療情報等:【研究対象者の年齢、性別、身長、体重、術前CK値 等】
 授受の方法:電子的配信
【研究目的】
 術前検査において筋原性酵素である血清クレアチンキナーゼ(CK)は、通常生化学検査の中の1項目として検査されますが、脳性麻痺の患者さんにおける  CK値は、正常範囲ではあるものの、他疾患の患者さんに比較し高い傾向にあることから、上記の診療情報を使用し、真に有意に高いのかを調査、確認することを目的とし、共同研究を実施するため。
【研究(利用)期間】
 別府発達医療センター倫理委員会承認後から2019年6月30日までを予定していますが、データ解析等により若干の延長はありえます。
【利益相反に関する事項】
 本研究では利益相反は発生しません。
【問い合わせ先】
 研究責任者:別府発達医療センター 診療部 部長 吉良 慎一郎
 問い合わせ担当者:別府発達医療センター 診療部 事務職員 大石いづみ
  電話: 0977-22-4185 E-mail: bephic@ctb.ne.jp
社会福祉法人
別府発達医療センター
〒874-0838
大分県別府市大字鶴見4075番地の1
TEL.0977-22-4185
FAX.0977-26-4171
 
外来の予約受付時間は、
外来診療のページをご確認ください。

大分療育センター
〒870-0864
大分県大分市大字国分字六重原567-3
TEL.097-586-5252
FAX.097-549-6777

0
8
2
7
2
3
TOPへ戻る