児童発達支援センターひばり園

< 通園部門 >
ひばり園はことばに遅れがある、コミュニケーションがうまくとれない、落ち着きがない、家族や友達との関わりや集団行動ができにくい、運動発達に遅れがある…など発達が気になる児童に対して、日常生活に必要な基本的生活習慣を身につけさせると共に、友だちや周りの人との集団生活に適応できるように、一人ひとりのニーズに応じて発達支援を行い、調和のとれた全般的な発達促進を図ります。
また、より良い家庭療育が行えるように保護者支援を行っています。できるだけ早期から適切な発達支援を行うことにより、児童一人ひとりが地域社会で生きていくために必要な力を身につけて、地域の保育園・幼稚園、学校へとスムーズに移行できることがひばり園の願いです。

1 療育の目標

① 日常生活に必要な基本的生活習慣を確立させること。
② 友達や家族、周りの人との対人関係の改善をはかること。
③ いろいろな活動に参加して集団参加能力を向上させること。
 
個々の課題や療育の目的に合わせて、より充実した保育を行います。

2 療育グループの目標

・ひばりグループ・・・・成長・発達に支援を要する児童
  ※ひばりグループは、年長児・年中児・年少児の3組で編成。
・ばんびグループ・・・・成長・発達に支援を要し、かつ自力歩行がむずかしい児童
 
< ひばりグループ目標 >
1 安心感と自信を育む
2 基本的生活習慣を定着させる
3 人との関係を深める
4 集団生活態度を身につける
5 生活に役立つ知的活動を促す
 
< ばんびグループ目標 >
1 安心感を育む
2 生活リズムを整え、健康の増進を図る
3 いろいろな遊びを体験し、快い反応を引き出す

3 ひばり園の概要

① 開 園 日 ・・・・月曜日〜金曜日及び各月の第4土曜日、
        6月・9月・11月・2月の第2土曜日
② 開園時間・・・・9:30〜16:30
        SSP 14:30〜16:30
※SSPとは集団活動参加のための能力を身に付けるためのソーシャルスキルトレーニングです。
③ 対 象 児 ・・・・発達に遅れや不安があり、通園療育が適切で必要と認められた未就学児童で、
        年長児は単独保育、年中児・年少児・新入園児は家族通園を原則とします。
④ 利用定員・・・・24名
⑤ 職員体制・・・・園長(管理者)・児童発達支援管理責任者・児童指導員・保育士・児童精神科医
        管理栄養士・調理員

4 療育の内容

ひばり園では、保育を中心に、当センターの医療やリハビリテーションと連携を図りながら総合的にアプローチを行うと共に、保護者や家族の支援を行っています。
(1)保  育
  ①グループ保育(課題保育)
   課題別グループ(感覚運動、認知、操作、音楽遊び、制作)で、児童の発達に応じた保育を行い、
   社会性・認知・言語・身辺自立・運動領域などの発達を促します。
  ②集団保育
   行事や季節の遊び、ゲーム等を集団で行ったり、家族と楽しい経験をしたりしながら社会性や、
   集団適応能力を身につけます。
  ③個別指導
   ポーテージ乳幼児教育プログラムを使って、生活リズムの安定、基本的生活習慣の確立、情緒面の安定、
   運動能力の向上などを目指すと共に、感覚過敏な児童に対して、視覚的支援など環境を工夫し、児童一人
   ひとりに応じた支援を行います。
(2)医   療
  児童精神科診察(必要に応じて診察・相談等を行います。)
(3)保護者支援
  ①保護者講座
   療育、子育てにおいての知識、技術等をひばり園及びセンターの職員等がお話します。
  ②ハローひばり(家族参観)
   ・保育やリハビリの様子を参観して、ひばり園の療育や児童の状況を理解してもらいます。
   ・6月第4週を参観強化月としています。また、8月は家族通園強化月間です。
  ③家族面談〜児童の発達状況、今後の目標等を伝え、来年度の進路の確認を行います。
  ④家庭訪問〜新入園、途中入園の児童が対象です。
(4)完全単独通園
  ・ひばりグループは毎月第4土曜日が完全単独通園日です。ただし、6月、9月、11月、
   2月の第2土曜日は家族通園日になります。
  ・保育園、幼稚園に就園予定の児童については随時、単独通園の実施、この他、児童の
   ニーズや保護者のレスパイト・家族支援を目的に、単独通園を受け入れています。
(5)児童発達支援会議
  ・年2回、ひばり園と当センターの医療機関が連携して、児童発達支援計画書について検討します。
   ○前期:現状、問題点について話し合い、今後の方針を決めます。
   ○後期:発達状況を確認し、今後の方針、移行支援等について検討します。

5 年間の主な行事

4月・・・・身体測定、誕生会
5月・・・・歓迎遠足、家庭訪問、誕生会
6月・・・・運動会、園外保育、誕生会
7月・・・・七夕祭り、プール遊び、誕生会
    ボディペインティング
8月・・・・プール遊び、夏祭り、誕生会
9月・・・・ボディペインティング、誕生会、社会見学
10月・・・・誕生会
11月・・・・いもパーティ、誕生会、家族面談
12月・・・・クリスマス会、誕生日会
 1月・・・・新春お楽しみ会、誕生会
 2月・・・・豆まき大会、家族面談、誕生会
 3月・・・・お別れ遠足、誕生会、卒園式
< 地域支援部門 >
ひばり園では、保育所等訪問支援事業を実施しています。また、当センターの地域療育連携室と連携しながら、相談支援や地域療育等支援事業(施設支援・巡回相談)など、地域支援を行っています。また、平成26年度から地域の保育士や支援員等を対象とした「児童発達支援員」養成研修を行っています。(詳細はお問い合わせ下さい。)
1 保育所等訪問支援
  保育所等に訪問支援員が訪問し、集団生活の適応のため専門的な支援を行います。

2 相談支援
  生活習慣面(睡眠・食事・排泄など)の悩みや進路相談、ことばが遅い、落ち着きがない、乱暴、
  友だちと遊べない、人見知りが激しいなどの育児相談を個別面談にてお受けします。
  (予約制です。)

3 「児童発達支援員」養成研修
   ひばり園で児童発達支援の専門研修を開催することにより、発達障がいのある児童の理解と支援
   のあり方等について専門性を高め、一人ひとりの児童のニーズに応じた質の高い発達支援を提供
   することができる人材を養成する。

   養成研修Ⅰ  (1日間)
   養成研修Ⅱ  (5日間)