リハビリテーション

リハビリテーション課

 リハビリテーション課では、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語聴覚士(ST)がおり、入所・外来の利用者に対し、必要に応じてリハビリを実施しています。

理学療法(PT)

①運動療法

 当センターでは、何らかの原因で発達期に運動発達の遅れや問題をきたすお子さまが対象となります。年齢・障がいの程度・生活環境・ニーズを十分に考慮し、個別のプログラムを実施します。寝返る・座る・立つ・歩く等、基本的運動能力の発達を促進し、より日常生活が安全・快適で自立して過ごせるように援助します。必要に応じて各姿勢の保持や移動するための補装具などを作製し、実用的な機能の獲得を目指します。また、獲得した運動能力を維持できるように、身体の変形・痛み等の二次的障がいの予防・改善に努めます。

②物理療法

温熱を利用し、痛みの緩和やリラクゼーションを図ります。温泉水を利用したプールでは、手術後の「免荷」を含めた運動療法を行います。

③呼吸理学療法

 呼吸機能の問題に対して、パーカッションベンチレーター(治療用人工呼吸器)・カフアシスト(機械的陽圧陰圧療法)及び、蘇生パックを用いた方法(バギング)を実施し、換気の改善や排痰(痰を出しやすくする事)を促します。また、楽な呼吸ができるように胸郭の運動を援助したり、痰が出やすい姿勢保持の指導を実施します。

④集中的なリハビリテーション

 お子さまが単独または親子で入所して、運動機能の向上を目的に集中的なリハビリテーションを実施します。

⑤訪問リハビリテーション

 感染症に陥りやすく外出の負担が大きい等、健康上の理由から通院が困難な方に対して、ご自宅にお伺いしリハビリテーションを行います。

⑥スポーツ活動

 スポーツを通して、体力や技能のみならず、集団活動・地域との交流により協調性や社会性を養います。週1回、入所者を対象にスポーツに楽しく参加できる機会を設け、障がいの程度に応じてルールを工夫しながら行っています。年に数回、地域で開催される大会に参加しており、子ども達の大きな目標となっています。

作業療法(OT)

色々な遊具や教材を利用しながら、楽しく運動、操作、適応能力などにアプローチし、発達を促していきます。また、利用者の方が生活しやすくなるように、生活用具の調整や工夫、環境の調整を検討し、提供していきます。

感覚統合療法

上肢操作リハ

認知機能リハ①

認知機能リハ②

摂食・食事動作リハ

<社会生活機能リハ>

園外実習
グループ調理実習

言語聴覚療法(ST)

呼んでも振り向かないなどの聞こえの困りに対し、聴力検査を行った上で補聴器などの相談・指導を行います。またことばに遅れがある、赤ちゃんことばが抜けない、視線が合わないなど言語・コミュニケーション・発音や、ことばがつまるなどの吃音に関する相談・指導を行っています。発話だけでなく、意思伝達装置などの相談も行っています。

個別のST訓練

言語・コミュニケーションに関する相談や指導

補聴器の相談・装用指導

聴力検査

意思伝達装置等のエイド機器の相談